シワ取りしたい!

シワが気になる女性

顔のシワ。目元のシワやほうれい線、ゴルゴラインにマリオネットライン。
そのほかにも乾燥から出てくる細かいシワ。
笑いシワは幸せそうだし素敵だけれど・・・その他のシワはどうしても気になってしまう。
そんなことはありませんか?

 

シワがあるだけで一気に老けて見えます

 

憎きシワ。気になるだけあって、シワが一本あるだけで随分老けて見えるのです。
若い世代で外出時にマスクをして鼻や口元を隠すなんて方法があるようですが
(ものまねメイクの人気タレントさんの影響もあるかもしれませんね)
ある程度の年齢になってくると口元のシワや法令線を隠すのにマスクが有効だったりもします。

 

とは言え、ずっとマスクをしている訳にはいきません。
マスクをしてほうれい線などの小じわが隠れていると若く見えていたのに、マスクを取ったら一気に老けてビックリ!なんてことも。
そうならないためには、シワを取っていきたいですよね。

 

当サイトではおすすめのシワ取りクリームを色々と紹介していきたいと思います。

 

口コミで評判のもの、実際に使ってみてよかったもののおすすめ化粧品です。
根本的なシワ取りを目指してのお手入れ用のクリームと、後は即効性のある化粧品ですね。
シワの出やすい目元用のアイクリームも紹介します。(アイクリームはほうれい線にも使えますよ^^)

 

 

ココにシワがあると一気に老ける!

シワが気になる女性
老けが出やすい、目立つ場所というのがあります。
ココが、コレが目立つと一気に老けて見られる、という所ですね。
それが「目の周りのシワ」「ほうれい線」なんです!

 

そうです、両方とも‘シワ’(というか線?)なのです。
たるみも老けてみられやすいですが、シワは一本入っただけでも一気に雰囲気が変わって見えてしまうのです。

 

何しろ、美容クリニックでもアンチエイジング施術をするときにはこれらの‘老けポイント’を消したり目立たなくすることで
若く見えるように変えていくそうです。

 

ということはそれだけ重要なポイントですよね。

 

シワ・たるみでできる影。シワでできる深い溝。
老けた印象を一気に加速させるこれらはスキンケアに力を入れることでケアしていくこともできます。

 

 

 

‘シワ’が一番目立つのはどこ?

シワが気になる女性

一番目立つのは目元

 

顔だちに関係なく、一番シワが目立つのが、目元と言われます。
目の周りは皮膚が薄いうえに目は使うことが多いため、ただでさえ老化しやすいのです。
更に現代ではパソコンやスマホの普及で仕事でもプライベートでも目を酷使しているため、目の周りにも以前よりもより負担が大きく
若いうちから老けやすくなっているとも言われます。

 

目元のたるみや小じわ、目尻のシワが老け感を一気に加速させてしまうのです。

 

 

顔立ち別老けが目立つ所は?

 

様々なタイプの顔がありますが、顔立ちによって年齢が表れやすい、老けて見られやすい場所があるんです。

 

ぽっちゃり顔タイプは頬周り

 

若いときに頬がぽっちゃりしていたタイプ。顔の頬の部分に肉がつきやすいタイプの人でも
年を取ると頬の肉が落ち、影やシワになり顔の中心に老けが出やすいです。

 

シワ、たるみ、ゴルゴラインなど

 

 

細面タイプは顎回り

 

顔が痩せていたり細面の人に多いのは頬がこけた事により、顎回りがもったり、どんより。

 

顎のシワ、ほうれい線、マリオネットライン、あごや頬のたるみなど

 

 

どこに老けが大きく、多くでるのかは顔立ち・肌質などで違いが出ます。
自分の顔立ちや悩みをチェックしてそれに合わせて集中的にお手入れするのがおすすめ。

 

シワやほうれい線の場所別ケア方法は当サイトの下の方で紹介していますのでよかったら参考にしてくださいね^^

 

 

 

おすすめのシワ取りクリーム(化粧品)

 

それでは、管理人おすすめのシワ取り化粧品を紹介していきたいと思います。
「シワ取り化粧品」でこれはお気に入りという商品を紹介しています。
クリームだけでなくアイクリームもあるので、あなたの悩みに合わせて選んでみてくださいね。

 

 

顔全体のシミ取りクリームなら植物幹細胞など配合されたドクターズコスメのクリーム!

 

アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジ リフティングクリームV

 

シワ取りクリーム

 

シワ・たるみケアのクリームで顔全体に使うのならコレが一番です!
アンプルールは皮膚科医の女医さん監修の化粧品ブランドです。
美白化粧品が有名ですが、エイジングケアラインもかなりの商品ぞろいです。

 

デ・エイジのクリームは今エイジング部門で大注目の植物幹細胞やDMAE、トリプルセラミドなどが配合されています。
「重力に負けない」というのがこのクリームのキャッチフレーズ。素晴らしいですね。
3種のリフトケア成分からなる独自の「Vリフターコンプレックス」配合。
シワだけでなくたるみにもかなりの手応えを感じるクリームです。

 

こういうエイジングケアクリームはべたついて浸透が悪いものも多いですが、
さすがドクターズコスメ。浸透がよく、とても使いやすいですよ。

 

ちなみに、デ・エイジのアイクリームや美容液もとてもいいのですが、
それらもクリームもトライアルセットに入っているので、一気に試してみることができます!

 

すごくお得です。

 

シワはもちろん、たるみケア、若見えしたいならこのクリームがおすすめです!

 

 

 

即効性のあるカバータイプの化粧品ならこちら!

 

ワンダーエイジレス(ワンダーエイジL)

 

シワ取りクリーム

 

即効性のあるシワ対策ならコレがおすすめです!
塗って乾燥させると90秒でピン!とハリが出るという変わった商品です。

 

メイク前に使う、シワ取りというかシワ伸ばし?シワ隠し?化粧品です。
ちょっと独特の商品でして、コンシーラーということですが、透明のジェルです。
それを適量出して、気になるところに塗り乾燥させてメイクをする、という商品なんです。

 

アメリカで1年で1000本も売れた商品だそうです。
植物幹細胞エキス、塗るボトックスといわれるSNAP-8など最先端の成分が配合されています。

 

 

クリームのようにスキンケア化粧品ではなくコンシーラーですのでその点はご注意下さい。
メイク前に使用する商品です。(でも美肌成分も入っています)

 

その分、即効性が高いので、すぐにでもシワをどうにかしたいと思っている方におすすめしたいです。

 

定期購入の初回限定だとかなり安く買えますし、返金保証付きです。

 

 

 

 

注目のフラバンジェノール配合のクリームはシワ対策におすすめ!

 

フォーマルクライン薬用クリーム

 

シワ取りクリーム

 

高濃度フラバンジェノールが配合されたフォーマルクライン(フラビア)のクリームです。
フラバンジェノールは近年、シワやたるみなどのエイジングケア分野で人気があり注目されています。
クリームとして使うのならこれがおすすめです!

 

他にもフラバンジェノール配合の化粧品も出てきていますが、
「高濃度」で「薬用」なのはフォーマルクライン(フラビア)だけだと思います。

 

べた付かないのに浸透がよく、軽くマッサージしながら使うこともできて
とても便利且つ素晴らしい機能のクリームです。

 

50代・60代などシニア世代での評価が特に高い印象です(もちろん30代40代も使えます)

 

シワには浸透の良さも大事だと感じていますが、そうでないものも多いのが現実。
でもフォーマルクラインの薬用クリームはしっかりしていてとてもいいですよ♪

 

トライアルセットがあって、そこにクリームも入っているので、お試しできるのもいいですよ。
しかもこのトライアルセットがものすごくお得で(石鹸とか現品が入ってます)他の商品もいい化粧品揃いです!

 

小じわ、ほうれい線、たるみなど総合的にケアするならこのクリームです。

 

 

 

 

目元のシワならアイクリームです!乾燥からくるシワに熱く支持されているこのクリーム

 

ミューノアージュ アイクリーム

 

シワ取りクリーム

 

口コミで絶大な人気を誇るミューノアージュのアイクリーム。
「シワ治療の認定指導医が開発した」というスゴイ化粧品。
当サイトがアイクリームを紹介するサイトだったら1位にしている!と思うほどのアイクリームです。

 

目元の様々な悩みに対して評価が高いのが素晴らしいですよ。
特に乾燥からくる、目の周りのシワに対してはこのアイクリームが一番です。
敏感肌でも使えるレベルの優しい使い心地なので目の周りが敏感な人でも使いやすいです。

 

目の周りはもちろん、ほうれい線や眉間のシワにも使ってみましたがいいですね。
刺激がないのでとても使いやすいのも大きな魅力の一つかと思います。

 

目尻などの深いシワはもちろん、細かいちりめんシワやクマ、たるみなど
目元の総合的なケアはこのアイクリームが一番。

 

トライアルとかがないので現品購入になるため少し高い気がするかもしれませんが、
アイクリームでこの値段は手頃ですし、この使い心地ですから・・・!

 

気に入ったら安く購入できる定期購入もあるので、そちらの使用もおすすめしますよ^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シワが気になる場所別のケア方法

シワが気になる女性

 

ここでは、シワや法令線などが気になる場所別のお手入れ方法を紹介していきたいと思います。
当サイトは「シワ」のサイトですので、シワとして、目の周りのシワ、眉間のシワ、ほうれい線、マリオネットラインのケア法を紹介します。

 

 

目の周りのシワ

 

目を含む顔の丈夫は感情とリンクしているため、表情癖がつきやすい場所です。
(目元の笑いシワや眉間のシワなど)

 

目元の笑いシワはステキですが、あまりに深いと気になることも。
また、眉間のシワはイヤですよね。イライラしたりして同じ表情でずっといるとできやすく、そのままになりやすいので
休息時などに深呼吸をしたりしてリラックスしていきましょう。
目の疲れも目の周りの影響がでるのでこまめに疲れを取っていきましょう。

 

目元のシワのケアには専用のアイクリームを。

 

目の周りのシワが気になるのならアイクリームをお手入れにプラスします。
特にシワのケアに対して口コミなどで評判のいいアイクリームがおすすめ。
(肌に合っていることは大前提になります)

 

アイクリームを使った目元ケア方法

 

化粧水をコットンに含ませて4枚に裂きます。(コットンの大きさによっては4枚用意します)
左右のまぶたの上、目の下に乗せてパック。約2〜3分。
パックを外したらアイクリームを指先にとって目の周りに塗ります。
目頭、黒目の下、眉の下、こめかみなど目の周りを軽く押して指圧。

 

これでOKですが・・・目が疲れているなという時やケアをしたいというときには
蒸しタオルや目元スチーマーなどを当てて温めると効果がアップしますしリラックス効果もアップします。

 

 

眉間のシワのケア方法。アイクリームが使える?

 

忙しかったりするとついイライラして眉間に力が入ってシワが・・・
眉間のシワは目立つしいい印象がないので早く対策したいものです。
眉間のシワもシワ取りクリームやアイクリームで対処可能です。

 

眉間のシワのケア方法

 

アイクリームやシワ取りクリームを少量指先にとって、眉間に付けます。
3本の指でシワを広げる感じで指圧しながらほぐします。
このときに深呼吸をしてリラックスを意識しながら行うといいですよ。

 

次におでこの縦ジワを伸ばします。
片手で片方のこめかみを抑え、もう片方の手でこめかみからこめかみへ、
指先をおでこに滑らせます。10回ほど。

 

次はおでこの横ジワを伸ばします。
両手をおでこにあてて、眉毛の上から生え際へ上下にさするように動かします。
しわを伸ばすように、意識しながら。10回ほど。

 

最後に両手でおでこを持ちあげるようにして10秒キープします。

 

 

ほうれい線とマリオネットラインのケア方法

 

顔の下部分はたるみやシワが表れやすい場所です。それは重力の影響を受けるから。
若いうちは肌のハリも筋力もあるので、落ちずに保っていられますが、筋力が衰え、肌のゆるみなどとともにシワやたるみになります。
ほうれい線・マリオネットラインはその線を‘薄くする’ことを意識することと、たるみケアの両方でアプローチしていきます。

 

 

ほうれい線ケア方法

 

片方ずつ頬をふくらませ、ほうれい線を伸ばすことを意識します。10秒ずつ。
できれば舌回しを行います。
頬を膨らませてほうれい線部分を伸ばしながら、ほうれい線にシワ取りクリームを塗り込みます。
(このとき、一気に多くの量を付けるのではなく、少量を重ね塗りしていくといいです)
塗り終わったら手に少量のクリームを延ばします。
ヤッホーと言うように、ほうれい線の周り(口の周り)に手を当てて、そのまま斜め上に引き上げるマッサージを行います。10回ほど。

 

 

マリオネットラインのケア方法

 

頬全体にクリームを塗ります。
マリオネット線の延長、顎のほほのたるみ部分に親指と人差し指の間を当て、そのまま引き上げる。5回ほど。
(親指が顎側に、人差し指が頬に当たるように)

 

 

両手のひらを頬に当てます。(小指が両側の口角に来るように)そのまま、こめかみへ向けて引き揚げます。10回ほど。

 

 

 

シワ取りクリームってオールインワンゲルがいいんじゃないの?

クリーム
一時期すごく流行ったオールインワンゲル。年齢肌にいいということもよく言われます。
いいか悪いかで言えば、いいです!

 

私もお手軽にケアできて使いやすく敏感肌でも使いやすいオールインワンゲルは大好きです。
好きで色々使ってみたからこそ、いい面と悪い面があるなと気づきました。

 

マッサージにとても向いているのでたるみにとてもいいです。
また、保湿力が高いオールインワンゲルは乾燥からくる小じわにもいいです。

 

ただ、ちょっと物足りないのが実感でした。

 

オールインワンゲルはその名の通り色々な成分が入っているのでそれ一つでいいのですが、
その分、例えば、シワ対策用の成分、乾燥肌用の成分、美白用の成分などある単体の悩みに対しては
成分が少なくなることもあってちょっと弱いのが現状です。

 

たるみのみが気になっている場合にはオールインワンゲルだけでもいいかな、と思うこともありますが、
シワの場合、肌が乾燥していたりする時にしっかりと保湿を行わずにマッサージをすると逆にシワになることも。

 

オールインワンゲルはその便利さからそれ一つで済ませてしまうこともあり、確かにそれだけでいい人もいますが、
化粧水やクリームなどをプラスしたほうがいいという肌の状態の人もいます。

 

(私もオールインワンだけでは水分が足りず乾燥してしまうので化粧水を必ず併用します)

 

なので、シワやたるみといった肌の老化対策にオールインワンゲルはとても有効ですが、
肌の状態に合わせて化粧水やクリームなどをプラスしていくことをおすすめしますよ。

 

また、ある程度の年齢になると美肌を保つ成分や油分が減ってくるとも言われます。
油分を補うことも、特にシワが出来る、乾燥が気になる肌には大事なんですね。
そういう面では、オールインワンよりもよりも油分が多く濃厚なクリームを使うこと(併用すること)は
シワ対策にとってとてもいいことなんだと思います。

 

 

 

シワにいい成分とは?

 

シワにいいといわれる成分って色々あります。
昔はヒアルロン酸、コラーゲン位だったのですが、最近ではすごく様々な成分が出てきて化粧品に配合されています。
また、昔からあるヒアルロン酸やコラーゲンも、以前よりもパワーアップして効果もアップしたり
新たに見直されたりしているので、それらの化粧品でも新しいものなら見逃せませんよ。

 

ここでは、新旧「シワに効く」と巷で言われている成分について紹介していきたいと思います。

 

  • プラセンタ・・豚、馬、羊の胎盤から取れる成分のこと。美白成分として使われることも多い成分ですがエイジング部門でも人気の成分。
  • シンエイク・・毒蛇の持つ毒を人工的に作り出した成分のこと。ボトックスのような働きがあるとされ、筋肉の動きを止めることでシワを作らなくするというものです。人工なので毒はないそうです。
  • EGF・FGF・IGF・・これらは3GF・グロスファクターと呼ばれます。細胞分裂を促進する働きがあります。肌の線維芽細胞に直接働きかけ、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを作る力がアップします。
  • ピクノジェノール・フラバンジェノール・・フランスの海岸松から取れる、抗酸化作用がビタミンCの600倍もある成分でポリフェノールが豊富に含まれています。フラバンジェノールは東洋新薬が商標を持っており、他ではピクノジェノールとも呼ばれます。(ピクノジェノールはスイスの会社が商標を持っているそうです。また厳密にいうと抽出方法が違うそうですよ)
  • 植物幹細胞・・幹細胞は自分自身が増殖できる細胞のこと。年齢を重ねると能力が衰えることで肌の老化が起きると考え、肌本来の力を再生することでケアをしていく。植物幹細胞は植物由来のもの。

 

 

 

これらの中で特に注目しているのが【植物幹細胞】と【フラバンジェノール】【グロスファクター】です。
それぞれ最近注目されている成分でありますし、実際に使ったときの手応えがおぉ!と感じるものがあったからです。

 

当サイトでもこれらの成分が配合されている化粧品を紹介しています。
口コミでも評価が高いクリームが多いので気になる人は成分もチェックしながら選んでみてくださいね。

 

 

 

まとめ

シワのない綺麗な女性
シワの対策は早い方がいいと言われます。
最初は肌の表面の小じわであっても、放置したり肌の老化が進んでたるみが出現したり、酷くなると、小じわがもっと深くなり、少しのケアではなかなか解消できなくなってしまうからです。
シワだけでなくたるみが一緒になっているケースも少なくないので、シワとたるみ、両方のケアを考えていくのが大事になってきます。

 

当サイトで紹介している化粧品はシワだけでなく、たるみに対しても考えて作られている化粧品も多いですし、
そもそも「年齢肌にいい」と言われ配合されている成分はシワに対してだけでなく、たるみにもいいと言われる成分も多いのです。

 

とは言え、乾燥もシワには大敵。
年齢と共にどうしても肌の油分・水分が減って乾燥しやすくなりますので、補っていくことも大事です。

 

適切なケアをして、シワやたるみのない、若々しい肌を目指したいですね^^

 

 

シワ取りクリーム!おすすめのシワに効く化粧品トップへ


更新履歴